おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳のモンテッソーリ【落とす④】〜手作り教具でビー玉落としに取り組もう!〜

前回は細い円柱を落とす「円柱落とし(小)」に取り組みました。

円柱がスムーズに落とせるようになったら、ビー玉落としに取り組みましょう。

3本指でビー玉をつまむ動作は、後に鉛筆やお箸を持つ動作へとつながっていきます。

ここでは、ビー玉落としに取り組むための手作り教具や取り組み方法、体験談をご紹介します。

前回の円柱落とし(小)について知りたい方はこちらのページをご参照ください。

スポンサーリンク

いつから始めるの?

直径5cm前後のボールや円柱をつかんで穴に落とすことができるようになったら。

年齢目安:1歳を過ぎた頃から

お仕事の目的

・目で穴を確認し、そこに手を持っていく動作をくり返すことで、目と手の協応動作を促進する。

・3本指を使って小さいものをつかめるようにする。

使用する教具

100均材料で簡単に教具を揃えることができます。

揃える材料は2つです。
・ビー玉や同等サイズのビーズ
・穴の空いた瓶やプラスチック、紙製の容器

写真は100均ショップで買った花瓶と家にあったひも通しおもちゃの木製ビーズです。
ビーズも100均ショップに売っています。

容器の穴はビー玉より少し大きいサイズの穴が開いていれば大丈夫です。

基本的には玉と容器はどのような素材でもいいと思いますが、ビー玉(ガラス)と瓶(ガラス)の組み合わせだとちょっとうるさいかもしれません。

また、後の「取り組んだ感想」のところに書いていますが、我が家の場合は木製ビーズと紙製の箱の組み合わせだと反応が良くなかったので、木製ビーズと瓶の組み合わせに変えました。

子どもによるかもしれませんが、素材の組み合わせによって、興味の有無が出てくるかもしれません。

大人が聞いても心地良いな〜と思う音がする方が子どもも興味を示しやすいと思います。

取り組み方法

まずは親がゆっくりとビー玉を落とす動作を見せてあげ、次に子どもにやらせてあげてください。

ビー玉をたくさん置くと手でジャラジャラとかき回して遊んでしまう場合は、5個くらいの少ない量から置くようにするといいと思います。

注意!
目を離すと誤飲の危険があるため、必ず側について見てあげるようにしてください。

取り組んだ感想

我が家では円柱落とし(小)がある程度スムーズに入れられるようになった1歳2カ月の時に取り組みました。

最初は円柱落とし(小)で使った手作りの紙製の箱がちょうど良かったので流用しました。

3本指で木製のビーズをつまんでポトンと何回も落とします。まだ玉の小ささに慣れていないため、何度か手を滑らせて玉が違う方向に転がっていきます。

何日か取り組んだ頃、急にビーズを入れた箱の中が気になって開けようするようになりました。

箱が開かないとわかると、ビーズを入れることに興味を失ったように、ビーズを手でかき混ぜて遊ぶようになってしまいました。

もしかすると、ビーズが穴の中に落ちた後にどうなったか見てみたいのかな?と思い、100均ショップで買ってきた花瓶に変えました。

ビーズを瓶に落とすと、「チン」っと心地よい音がなり、ビーズが瓶の底に当たって跳ねる様子が見えます。

我が子も「なんだろう?」と興味津々で、ビーズを入れると、その後どうなったのかガラスの中を覗いてみたり、瓶を振ってみたりしています。

そして、ビーズが落ちる様子が面白いようで、ビーズを何度も入れるようになりました。たまに瓶を、持ってひっくり返すので、ビーズの量は10個程度にしておくと慌てなくてすみます。

モンテッソーリの教具は子どもにとって魅力的なものであるべきだといわれますが、今回の経験から、子どもが楽しんで取り組むためには、子どもの観察と教材選びが重要であることを改めて痛感しました。

次のステップは?

ビー玉落としに取り組み中ですが、並行してストロー落としにも取り組んでいきます。

ストロー落としについてはこちらをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました