おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

【モンテッソーリ算数教育④】〜錘形棒でゼロの概念を学ぶ〜

前回は、算数棒と数字板を使って、数量、数詞、数字を一致させるお仕事をしました。

算数棒のお仕事に十分取り組んだら、次は錘形棒を使って数量の理解を深めると同時に、ゼロの概念を学びます。

ここでは錘形棒の教具と取り組み方法、取り組んだ体験談をご紹介します。

前回の算数棒と数字板のお仕事についてはこちらをご参照ください。

スポンサーリンク

いつから始めるの?

算数棒を使い、数量のお仕事に十分取り組んだ後。

お仕事の目的

・ゼロの概念を学ぶ
・量と数の関係について理解を深める

使用する教具


モンテッソーリ 45本の鍵形棒と箱

2つの木箱と45本の錘形棒のセットです。各木箱には縦に5つの区切りがあり、各仕切の上方に黒字で1つは0〜4、もう1つは5〜9の数字が順番に書いてあります。他には、写真にはありませんが、錘形棒をまとめて入れる小箱と、8本の輪ゴムとその入れ物があります。

錘形棒の特徴としては、棒の両端が細くなっています。これは、束ねた時に棒と棒の間に隙間が開くようになっており、本数を数えやすくなるように工夫されているからです。

また、真ん中が角型になっているのは、束ねた時に棒同士が滑らず重なり合うようになっているからです。

教具を手作りする場合

錘形棒は割り箸や鉛筆などの棒状のものを使い、錘形棒箱は牛乳パックを切ってつなげる事で代用ができます。

ただし、錘形棒は上述の通り、両端が細く、真ん中が角型になっており、子どもの手でも数えやすいように工夫されています。

このため、指先が細かいものを扱うまでに十分発達していないお子さんの場合は、鉛筆や割り箸などに変えると扱いづらくなります。

本来のお仕事の目的を達成できない場合があるため、ご注意ください。

取り組み方法

①木箱を0から9になるように順番に並べ、0を除いて1から順番に子どもに読ませます。

②木箱の1の数を読んで、錘形棒を1本取り、「いち」と言いながら木箱の1の枠の中に入れます。

③次に、木箱の2の数を読んで、錘形棒を2本取り、「に」と言いながら、木箱の2の枠の中に入れます。

④2の枠の中に入れた錘形棒を取り出し、左手で持ちます。輪ゴムを1本取り、錘形棒2本をまとめてゴムをかけます。再び2の枠に戻します。

⑤9まで同様に進めます。錘形棒が入っていた箱が空っぽになります。

⑥最後に0(ゼロ)を提示します。箱の0を子どもに読ませ、「0は何もないことです。0だから空っぽになっています」と教えます。

算数棒では2以上は1本の棒(連続量)になっているので棒の長さで数の大きさ(数量)を感じることができました。

錘形棒は1本ずつ分離されているので、2以上は1が集まって構成されている数量であることを棒を束ねながら感じることができます。

取り組んだ感想

我が家では取り組んだ時が5歳近くになっていたため、錘形棒は正式な教具ではなく、削っていない新品鉛筆で代用しました。牛乳パックで錘形棒箱を作ろうと思っていましたが、時間が無く断念したため、ちょっと手抜きなお仕事になりました。

鉛筆を束ねる時は何だかとても張り切ってやっていました。どうやら、輪ゴムをはめるのがとても楽しいようです。

鉛筆なので数える時にやりづらいかなと思いましたが、思いの外すんなり数えていました。

7以上になってくると、「うわ〜、多くなってきた」と嬉しそうに束ねています。

教具の錘形棒の方が太さがあるので、束ねた時の存在感はありそうです。

でも、束ねる事で分離した数がまとまって大きな数になって行くことや、数の大きさを触覚で感じることができたので、お仕事の目的は達成できたと思います。

次のステップは?

錘形棒に十分取り組んだら、ゼロの理解を深めるために、「0あそび(数取りゲーム)」に取り組みます。

タイトルとURLをコピーしました