おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳向け型はめパズルを難易度別にご紹介!モンテッソーリのはめ込むお仕事②

型はめパズル

1歳児のパズルというとよく目にするのが型はめパズルです。

型はめパズルには立体タイプと平面タイプがありますが、ここでは立体タイプの型はめパズルについてご紹介します。

型はめパズル
立体タイプ
平面タイプ

1歳児にはできそうに思えても、まだまだ難しいので、ゆっくりとステップアップしていくのがおすすめです。

ここでは、型はめパズルのねらい、おすすめの型はめパズル、遊び方、効果などをご紹介していますので、ぜひご参照頂き、お子さんと一緒に遊んでみてください!

型はめパズルはいつからからできるの?

✔ピースを穴に落とすだけなら1歳頃から
✔ピースの違いを認識して遊ぶなら1歳半以降から

丸、三角、四角を穴に落とすだけであれば、1歳頃から始める事ができます。

ポットン落としの記事で型はめパズルを使ってピースを落とす練習をご紹介しています。

形の違いを認識して自分で穴を選び、落とす事ができるようになってくるのは1歳6ヵ月以降です。

我が家では1歳8ヵ月頃から徐々にできるようになってきました。

型はめパズルの前に丸、三角、四角のはめ込みパズルをやると、形の違いが認識でき、スムーズに遊べます。

↓丸、三角、四角のはめ込みパズルはこちらをご参照ください。

※年齢は目安となります。実際にはお子さんの成長を見ながら取り組んでください。

1歳向け型はめパズルのねらい

①指先や手首の動きを発達させる。

1歳は指先や手首を動きが活発になってきます。ピースやボックスをつかんだり、ピースをはめこむために手首を動かしたりする事で、自分の意思どおりに手を動かす練習をします。

②形の違いを認識する。

1歳半頃から、丸、三角、四角などが徐々に認識できるようになってくるため、はめこむ動作を通して、いろいろな形の違いを認識したり、同じ形を見つけたりできるようにします。

難易度別!1歳におすすめの型はめパズル6選

最近の型はめパズルは、パズル以外にもいろいろな遊びの機能がついたものがあります。

しかし、他の機能がたくさんついていると、興味が分散し、パズルに集中できない場合があります。

なるべくパズル機能のみのシンプルなものを選びましょう。

型はめパズルにも難易度があるため、簡単なものからご紹介します。

初級編 型はめパズル3選

一番簡単なものはピースの形が単純で、穴が上面だけについているものです。

ピースを取り出す方法もカギで開けたり、バーを引っ張ったり、フタをあけたりといろいろな種類がありますので、お好みで選んでみてください。

①ロックブロック(ボーネルンド)

丸、三角、四角の型はめパズル。図形が3種類だけで、穴が上面についています。ピースと穴の色が同じなので、穴に入れる時のヒントになります。ボックスはカギを使って開けるタイプになっています。

②形合わせボックス(BRIO)

赤い色がかわいい型はめパズル。丸、三角、四角の穴が上面についています。ボックスはバーを引いて開けるタイプになっています。ボックスが黒のバージョンもあります。

③はじめてのブロックレインフォレスト(マテル)

5種類の形の型はめパズル。丸、三角、四角、星、クロスのピースがあり、穴が上面についています。ボックスはフタを開けるタイプになっています。カラフルなデザインがかわいいです。

親が穴の位置を教えるなどしてサポートすれば、1歳頃からでもピースを穴に落とす事ができます。

すでに丸、三角、四角のはめ込みパズルに取り組んでいる場合は、初級のパズルよりももう一歩難易度を上げた上級のパズルに取り組んでもいいと思います。

上級編 型はめパズル3選

丸、三角、四角などの基本的な図形以外に様々な形のピースが入ってきます。

穴の位置も上面だけでなく、側面にもありますので、自分でボックスを回して穴を探す必要があり、穴に入れるのも難しくなります。

④ニチガン ドロップインザボックス3

一般的なキューブタイプの型はめパズル。長方形や楕円など様々な形のピースがあり、穴も上面、側面に開いています。フタを開けるとピースが取り出せます。

⑤エドインター あそびのおうち

家の形をした型はめパズル。斜めになった屋根の部分からピースを落とします。ピースは家のドアをカギで開けて取り出すようになっています。

⑥アンパンマン Newまるまるパズル

ピースには星やハートなどを含む基本的は図形が揃っています。ボックスがボールタイプなので、回して探しやすいのですが、ピースを入れる時にボックスが転がらないように抑えるところが少し難しいですね。

市販の型はめパズルでよくある形は、上に紹介しましたキューブタイプ、家タイプ、ボールタイプです。

我が家では、家タイプ、ボールタイプを使いました。取り組みの様子は後ほどご紹介します。

ゆっくりお手本を!1歳向け型はめパズルの遊び方

初めての取り組む場合は、以下の手順で親がお手本を見せながら遊びます。

①子供と一緒に型はめパズルを遊ぶ場所まで運んでくる。

②初めて取り組む時は親がお手本を見せます。動作はゆっくりやってみせてください。

③まずはピースを一つ手にとります。

④型はめパズルの穴から同じ形を探す様子を見せます。

⑤同じ形の穴が見つかったら、ピースを穴の形に合うように手首を回し、入れて落とします。

⑥子供にやってみたいか尋ね、やりたい場合はやらせます。興味が無さそうだったら、まだ今度にします。

うまく遊べない場合は、以下の難易度を目安に「最初は丸ピースからやる」、「ボックスの上面の穴だけやる」などして、簡単なステップから順番にやってみるのがおすすめです。

使うピース(簡単→難しい)

丸 → 三角、四角 → その他の形

穴が開いている場所(簡単→難しい)

ボックスの上面 → 斜面 → 側面

1つ1つステップを踏んでいくと、だんだんとできるようになっていきます。

1歳児が型はめパズルで遊んだ様子

我が家では家タイプとボールタイプの型はめパズルを使いました。

1歳になり、まずは丸、三角、四角のピースを穴に落とす事から始めました。詳しくはポットン落としの記事をご参照ください。

1歳頃だとピースの穴が斜面や側面にあるとうまく入れる事ができません。

そのため、型はめパズルを横にして、穴が上面に来るようにして使いました。

ボックスを寝かせて穴を上面にする

丸、三角、四角が上面の穴から落とせるようになったのは1歳1か月の頃でした。

上面の穴から落とせるようになる

その後、丸、三角、四角のはめこみパズルで遊び、できるようになってきた1歳7ヵ月から再び型はめパズルで遊び始めました。

すると、斜面の穴や側面の穴にも手首をうまく回して入れる事ができるようになっていました。

斜面の穴に入れられるようになる
側面の穴にも入れられるようになる

形がわからないものは「ここだよ」と手で指して教えると、そこにスムーズに入れられるようになりました。

1歳8ヵ月になり、ボールタイプの型はめパズルにも取り組んでみると、形の違いがわかってきたようで、自分でボールを回しながら、穴をよく見比べています。

そして、ボールが転がらないように抑え、ピースを落とせるようになりました。

手でボックスを抑えて入れられるようになる

時々、間違えたりしますが、形の違いが認識できるようになってきました。

遊んでわかった!1歳児への型はめパズルの効果

効果

✔いろいろな形のピースを使う事で手首をうまく回せるようになった。

✔形の違いを認識し、物をよく観察できるようになった。

パズルで遊び始めた当初は穴の形をよく見ず、とにかくピースを入れようとする様子でした。遊ぶうちにピースの形や穴の形をよく観察する動作が見られるようになりました。

ピースを穴に入れるために角度を調整したり、ボックスを回して穴を探したりして、指先や手首がよく動くようになってきました。

いろいろなおもちゃをおトクに利用するには?

型はめパズルをご紹介しましたが、指先の発達にいいおもちゃは他にもたくさんあります。

それぞれ違った知育効果があるので、いろいろなおもちゃで遊ばせてみたいのですが、購入するとなると、お金がかかるのが悩みです。

わが家では、なるべくおトクにおもちゃを利用できないかと考えた末に、おもちゃレンタルを利用する事にしました。

ここでは簡単におもちゃレンタルについてご紹介します。

おもちゃレンタルはおトクでメリットたくさん!

指先がよく動くようになってくる1歳児は、落とすおもちゃ、押すおもちゃ、たたくおもちゃなど、指先の発達に欠かせないおもちゃがいろいろあります。

良質なおもちゃは購入すると3,000円前後かかるので、種類が多いと、お金がかかるのが悩みです

わが家では長く使えるものは購入し、他はレンタルする事にしました。

定額制おもちゃレンタルだと、一つ一つおもちゃを購入するより、おトクに利用できます。

また、他にも以下のようなメリットがあります。

・プランナーさんがおもちゃを選定してくれる。

・自分が知らない良質なおもちゃを知る事ができる。

・おもちゃが溜まらず、場所を取らない

・毎回クリーニングされているので、自宅のおもちゃよりもキレイ。

おトクなのはお金の面だけでないところが、いいですね!

初めてのおもちゃレンタルはトイサブがおすすめ!

おもちゃレンタルはいくつか会社があり、最初はどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

わが家では、早くからサービスを開始して、実績のある「トイサブ」にしました。

実際に利用してみて、サービスと価格のバランスが良く、おもちゃ選定に安定感があります。

トイサブでは、2か月単位で6個のおもちゃをレンタルできます。

1個当たり、月額600円程度で利用できる計算なので、とてもおトクです。

プランナーさんが利用者アンケートをもとに最適なおもちゃを選んでくれますが、自分がレンタルしたいおもちゃは具体的にリクエストもできます。

他のレンタルサービス会社はトイサブを基準にサービスを展開していますので、迷う方はまずは「トイサブ」をおすすめします。

トイサブを試した後に、ご家庭の事情に合わせて他のおもちゃレンタルを検討してみるのがいいと思います。

↓トイサブのサービスや特徴についてはこちらでくわしくご紹介していますので、ぜひご参照ください。

↓トイサブでレンタルできるおもちゃ例や遊び方についてはこちらでくわしくご紹介しています。

まとめ

型はめパズルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

子供が少しずつできるようになっていく様子を見ていると、とても嬉しいですね。

ぜひお子さんにぴったりの型はめパズルを選んで、ステップアップしながら、楽しく遊んでください。

型はめパズルに慣れてきたら、つまみのついた平面タイプの木製パズルもおすすめです。

↓こちらの記事でご紹介しています。

参考書籍

この記事は以下書籍を参考にしています。

モンテッソーリ メソッドシリーズ(0-3才までの育ちと手助け)

タイトルとURLをコピーしました