おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳のモンテッソーリ【はがす・貼る①】〜シール貼りの楽しさを体験しよう!〜

1歳になると、物をつかむ動作から指先でつまむ動作もできるようになってきます。

つまむ動作ができるとつまんだ物を落としたり、引っ張ったり、はがしたりといろいろな動作に発展していきます。

ダンボールに貼ってあるガムテープをはがしたり、壁に貼ってあるステッカーをはがすような行動が見られたら、「シール貼り」のお仕事に取り組んでみましょう。

モンテッソーリ教育の「日常生活の練習」の分野にもシール貼りのお仕事がありますが、2歳頃からとされています。

でも、1歳でもシール貼りのお仕事ができます。

本格的なお仕事の前段階として、自由にはがしたり、貼ったりさせてあげると、楽しんで取り組みます。

ここでは1歳からのシール貼りについての取り組み方、注意点、体験談をご紹介します。

1歳ならではの注意点はありますが、とても簡単に取り組めますので、ぜひ取り組んでみてください。

スポンサーリンク

いつから始めるの?

壁に貼ってあるステッカーをはがそうとするなど、はがす動作が見られるようになったら。

年齢目安:1歳以降

お仕事の目的

・小さなものをつまみ、はがすことで指先を発達させる。

・シールを貼ることで自分の意思通りに指先をコントロールできるようにする。

使用する教具

用意するのは以下の二つです。

・シール
・シールを貼る台紙

100均ショップで売っているシールブックを使うと、シールと台紙の両方が揃っていて便利です。

こちらはダイソーのシールブック

または、よく幼稚園、保育園などでも使われるカラーシールも使いやすいです。

こちらはダイソーのカラーシール

シールは小さなものだと誤飲しやすくなるため、2cm以上の大きさのものがいいです。

台紙は何度も貼ったり、はがしたりできる素材のものだと便利です。

取り組み方法

①まず初めは「はがす」ことに取り組みます。

親がお手本として、ゆっくりとはがすところを見せてあげた後に、子どもにやらせてあげてください。

すでにはがす動作をしている子どもであれば、興味を持って取り組んでくれると思います。

もし、はがした後に貼るような動作を見せたら、貼る動作も一緒に取り組んでしまって大丈夫です。

②はがすことに慣れてきたら、はがしたシールを貼ることに取り組みます。

親がお手本として、はがしたシールをゆっくりと貼るところを見せてあげてください。

最初は手の中でシールを丸めてしまったり、貼ろうとしても手にくっついてしまったりしてうまくいかないこともありますが、何度も取り組むうちに自分の好きなところに貼れるようになります。

大きめのシールを選んでおくと、シールの一部が手にくっついても貼りやすいです。

注意点

①シールは誤飲する危険があるため、必ず側について見てあげてください。

特にシールが小さいと、側についていても口に入れた時にわからなかったり、口に入れた時も取り出すのが大変になるため、すぐに飲み込みにくい大きめのシールを選びましょう。

②普通のシールだと、シールと台紙に凹凸がなくツルツルしているので、台紙からはがすのが難しくなります。

ツルツルして爪をひっかける場所が無くはがしづらい

写真のように台紙を折るとはがしやすくなります。

台紙を折るとはがしやすい。

または、何度でもはがせるタイプの台紙にシールを貼ったものを子どもに渡すようにします。兄姉がいる方は、お兄さんお姉さんが貼り終わったシールブックを再利用してもいいと思います。

台紙に貼られたシールは、はがしやすい

カラーシールだとシールに爪を引っかけてはがせるので、取り組みやすいです。

取り組んだ感想

我が子の場合、1歳1カ月を過ぎた頃から貼ってあるステッカーをはがす行動を見せるようになりました。

そこで、1歳2ヶ月の時にシール貼りに取り組んでみました。

100均で買ってきたシールブックにシールを貼って渡すと、喜んで次々にシールをはがしていきます。

はがしたシールは手の中てクルクルと丸めて遊びます。

時々、丸めたシールを台紙に押し付けるようにして貼ろうとするしぐさを見せるときもあります。

シールを丸めたものを貼ろうとする

1週間ほどはがす動作に取り組んだ後、はがしたシールを貼るように薦めてみました。

最初は貼ろうとしても手にくっついてしまって、なかなかうまくできませんでした。

そのうちシールの端が台紙にくっつくようになると、コツをつかんだようで、はがしたら貼るを繰り返すようになりました。

慣れてくると、自分でシールブックを持ってきて、自分や家族の服、ソファーやテーブルなど様々なところに貼るようになりました。

最初は1歳でシール貼りなんかできるのだろうかと半信半疑でしたが、子どもが楽しんでやっているので、取り組んで良かったです。

次のステップは?

台紙に自由に貼ったりはがしたりする事に慣れたら、次は指定した場所に狙って貼る練習をします。

※準備でき次第、アップします。

タイトルとURLをコピーしました