おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

手作り方法を解説!移動五十音でひらがなの読み方を覚えよう!

ひらがなに興味を持ち始め、少しずつ読めるようになってきても、五十音すべてを覚えるのは大変です。

モンテッソーリ言語教育では、五十音の箱を使ってひらがな練習します。

練習方法の1つに「移動五十音」があり、子供も楽しみながら文字を学べます。

ここでは、ひらがなを学びたいお子さんにおすすめの移動五十音の開始時期、使い方、手作り方法などをご紹介します!

移動五十音はどんなモンテッソーリ教具?

五十音の文字がカードに書かれていて、五十音の配列と同じ順番で箱の中に収納されています。

市販品も販売されていますが、家庭で手作りする事もできます。

手作り方法は後ほどご紹介します。

知っておこう!移動五十音のねらい

ねらい

・言葉の仕組みを知る
・五十音の配列を理解する。

五十音のカードを使いながら、日本語の音の種類や1文字1音節になっている事を理解します。

五十音の箱の中からカードを出し入れする事で、五十音の行と段と音のしくみを覚えていきます。

移動五十音はいつからできる?

砂文字板で一文字ずつ、ひらがなの字形や発音に十分触れた後に取り組んでみましょう。

年齢としては4歳以降が目安ですが、子供の成長を見ながら進めてください。

いろいろある!移動五十音の使い方

移動五十音は子供が文字を学ぶ段階に応じて、いろいろな使い方ができます。

ステップ順に使い方をご紹介します。

1. 文字並べ 

同じ文字カードをペアにして並べたり、自由に並べたりして文字に親しみます。

2.五十音並べ

同じ文字を合わせる

移動五十音の箱に入っている文字と同じ文字を重ねて、五十音の配列を覚えます。

慣れてきたら、文字がないところに正しい文字を置く練習をしてみましょう。

文字がないところに置く

3.文字合わせ

絵カードと同じ文字を五十音の箱から探して、絵カードの下に並べます。

一文字一音節である事を理解しながら、五十音の配列も覚えます。

4.文字探し

文字が黒丸に変わった絵カードを使います。絵カードを読み、文字の発音を聞いて、五十音の箱から文字を選んで並べます。

移動五十音の作り方をご紹介!

移動五十音を家庭で手作りする方法をご紹介します。

移動五十音の手作り材料

そろえる材料

・小物ケース 1〜2個
・ひらがなカード
・メラミンスポンジ 30個程度

小物ケース

100均ショップにいろいろなサイズが売っていますが、五十音表に合わせるため、縦の仕切りは5個以上、横の仕切りは10個以上あるものを選びます。

仕切りが足りない場合には、ケースを2つ使いましょう。

ケース内の仕切りサイズは3cm×3cmくらいになっているものがおすすめです。

ひらがなカード

小物ケースの仕切りのサイズに合わせて厚紙をカットして作ります。

仕切りの中に入れるので、仕切りよりも少し小さめに作りましょう。

仕切りよりも小さめに作成

メラミンスポンジ

小物ケースの仕切りのサイズと同等、もしくは少し小さいサイズのものを準備します。

100均ショップに数十個入りものが売っています。

移動五十音の手作り方法

①ひらがなカードを厚紙で作ります。

同じ文字が2度出てくる単語もあるので、1文字あたり最低2枚以上は作ります。

裏側をカタカナにしておくと、カタカナ練習の時も使えて便利です。

②メラミンスポンジを三角形にカットします。

斜めにカットする

四角のスポンジを斜めにカットして2つに分け、小物ケースの仕切りに置きます。

小物ケースに入らない時はカッターで削って大きさを調整してください。

③ひらがなカードを五十音順に仕切りに並べて、出来上がりです。

仕切りに並べる

手作りする時間がない場合は、材料を揃えるのが大変な場合は、市販品もあります。

まとめ

移動五十音についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

移動五十音には子供に合わせて、いろいろな使い方ができ、家庭でも手作りできます。

ぜひお子さんと移動五十音を使って、楽しくひらがなの練習をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました