おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳向け楽器おもちゃは知育効果がたくさん!モンテッソーリのたたくお仕事②

0歳と比べて1歳は手や腕が発達し、物をしっかりにぎれるようになります。

0歳では楽器を手でたたいて遊んでいましたが、1歳頃になると、スティックやバチを持ってたたくことができるようになってきます。

細いものをつかむ力やねらったところに当てる集中力を養うには楽器おもちゃがおすすめです。

ここでは1歳向け楽器の開始年齢、ねらい、おすすめの楽器おもちゃとその遊び方、遊んだ様子と効果をご紹介します。

スポンサーリンク

楽器はいつから始められる?

・楽器を手でたたく=9か月頃から
・楽器をスティックやバチでたたく=1歳頃から

手でたたく楽器であれば、お座りが安定してくる生後9ヶ月頃から遊べます。

手でたたく楽器に慣れ、スプーンなどをにぎれるようになってきたら、スティックやバチでたたく楽器で遊べるようになります。年齢の目安としては、1歳頃になります。

ここでは1歳向け楽器おもちゃについてご紹介します。

↓0歳向け楽器おもちゃについてはこちらの記事でご紹介しています。

※子供の成長には個人差がありますので、様子をみながら進めてください。

1歳向け楽器のねらい

ねらい

・指や手首、腕を動かし、筋力をつける
・指、手首、腕を自分の意思通りにコントロールする。
・リズム感や音感を育てる

①指や手首、腕を動かし、筋力をつける

スティックをにぎり、物をたたく動作は指、手首、腕の力が必要になります。何度も楽器をたたく事で日常生活に必要な指、手、腕の筋力がついてきます。

②指、手首、腕を自分の意思通りにコントロールする。

ねらったところにスティックを当てることで目と手の協応動作ができるようになっていき、手や腕を自分の意思通りにコントロールできるようになります。

③リズム感や音感を育てる

楽器をたたく事でさまざまな音が発生します。音を聞く事でリズム感や音感が育っていきます。

1歳向けおすすめ楽器おもちゃ5選

楽器のおもちゃは各メーカーからたくさん出ています。その中からおすすめ楽器おもちゃをご紹介します。

①ソリッドドラム(プラントイ)

日本のグッドトイ賞を受賞したプラントイのソリッドドラム。バチのヘッド部分には柔らかいゴムを採用し、たたくとポンポンと木の優しい音色がします。

表面にはスリットが入っており、音の反響効果はもちろん、真ん中や端など、たたく場所や力加減で音色が変わります。

子どもが扱いやすく軽く設計されていて、たたきながら音の違いを発見できる楽しさがあります。

②シロホンクマ(KAWAI)

カラフルで、かわいらしいくまさんがプリントされた1オクターブの木琴です。 ポプラ材を使用しており、やわらかい音色が響きます。正しい音程で、打面には音階が描いてあるので、音階の基礎を学ぶこともできます。

③オーバルシロフォン(プラントイ)

カラフルなやさしい色使いが目を引くプラントイのオーバルシロフォン。

初めての赤ちゃんが使いやすいように音盤の数を少なくし、一つ一つが大きめになっています。音盤の端が丸くなっていたり、本体がコンパクトな作りになっているのもいいですね。

音程はついていないので、まずはたたいて音を出すのを楽しんで、演奏に興味があれば本格的なものに買い換えたいという方にはぴったりです。

④コンサートトライアングル(スズキ)

木とは違った音が楽しめるトライアングル。サイズの種類が多いです。
どこをたたいてもチーンという音がなるので、小さな子どもでも扱いやすいです。片付けるのに場所を取らないのもいいですね。

⑤パウンドアンドタップベンチ(ハペ社)

ハンマートイと鉄琴がセットになったパウンドアンドタップベンチ。ハンマーで落した玉が鉄琴の上を転がり、音が流れる仕組みになっています。

鉄琴が外せるようになっているので、1歳頃は鉄琴をたたいて楽しんで、1歳半頃からはハンマートイとして使えます。

ハンマートイの遊び方はこちらの記事でご紹介しています。

Information

楽器おもちゃをお得にレンタルしたい場合は、おもちゃレンタルサービスのトイサブがおすすめです。おもちゃレンタルについてはこちらの記事でご紹介しています。

おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育ができる!

トイサブのおもちゃで知育するコツ!

楽器おもちゃの遊び方(1歳児編)

初めてやる時は、親が以下手順でお手本を見せてあげてください。子供がやり方を理解した後はお手本は省略して構いません。

①楽器おもちゃを持ってきます。

②スティックやバチのにぎり方をよく見せてあげます。

③スティックやバチで楽器おもちゃをたたいて音が出ることを一緒に確かめます。違う場所をたたいて音の違いを楽しみましょう。

④子供にやってみたいか誘ってみて、やらせます。やりたくなさそうな時は無理にやらせずに、時間をおいてまた誘ってみます。

⑤遊び終わったら、片付けます。

最初は音程などを気にせず、自由にたたかせてあげましょう。

そのうち、たたく場所や力加減によって音が変わることに気づくようになります。

紙や木の空箱、ミルク缶、キッチン用品のボウルなど、身の周りにある物もたたくとそれぞれ違った音がします。

楽器おもちゃと組み合わせて使ってみてください。

注意!
スティックやバチは持ったまま歩くと危険ですので、取り組む時は必ず側で見てあげるようにしましょう。

1歳児が楽器で遊んだ様子

わが家では1歳になった頃から、いろいろなものを棒でたたいて鳴らすようになりました。

大人をマネをしておりんを「チーン」と鳴らしてみたり、ミルク缶の裏をボールペンでたたいてみたりしました。

おりんをたたいてみる

ミルク缶の裏をたたいてみる

やはり心地よい音が鳴るおりんに興味があるようです。

1歳3か月になり、木琴を出してみました。木琴には興味があるようで、さっそくたたこうとバチをにぎります。

バチは真ん中をにぎるように教えましたが、端をにぎってたたこうとします。バチが木琴の裏に潜り込んでしまったりしてうまく音が出ませんでした。

バチが裏に潜り込んでしまう
にぎり方がうまくいかない…

何週間かやっていると、ようやく真ん中をにぎり、音が出るようになってきました。

ようやくきちんとにぎれるようになった

自然の木の音色はとてもやさしく耳にも心地よいです。これからもいろいろな楽器に触れさせたいなと思います。

楽器で遊んだ効果

効果

✔スティックがきちんとにぎれるようになった。
✔木琴をたたいて音が出せるようになった。

スティックをにぎって、木琴をたたくという単純に思える動作も1歳児にはまだ難しいという事が実感できました。

最初はスティックをしっかりにぎる事も難しかったのですが、何度もやるうちにしっかりにぎれるようになり、木琴に当てて音を出せるようになっていきました。

子供がだんだんとできるようになっていく姿が見られて、良かったです。

まとめ

スティックやバチを使って楽器をたたくと指や手先が発達するだけでなく、演奏する楽しさを感じる事もできます。

子供向け楽器おもちゃにはラッパやピアノなどもありますので、いろいろな楽器で遊んでみてください。

スティックやバチを使ってたたくことに慣れてきたら、ボールをハンマーでたたき落とすハンマートイもおすすめです。

ハンマートイについてはこちらをご参照ください。

参考書籍
タイトルとURLをコピーしました