おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳のモンテッソーリ【通す②】~棒通しで指先を発達させよう!~

1歳の遊びとして定番の棒通し。

リングを棒に通す動作は大人から見ると単純な作業のように感じますが、子供の指先の発達には欠かせない動作です。

前回は両手で持てる大きなリングを棒に通しましたが、今回は片手で持てる小さいリングを通す棒通しのお仕事です。

この記事では棒通しのねらい、使用する教具や市販のおもちゃ、取り組みの効果をご紹介します。

前回のリング通しの取り組みついては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク

いつから始めるの?

前回は両手で持てるくらいの大きなリングを棒に通しました。
リングを通すのに慣れてきて、指先でものをつかめるようになってきたら、棒通しを始めます。

年齢としては、1歳から1歳6ヶ月頃までに始めるといいと思います。

棒通しのねらい

①指先を発達させる

小さなリングを持って、棒に通すという動きは目と手の協応動作が必要になります。動作を繰り返す事で指先が器用になり、脳へも良い刺激となります。

②集中力を身に付ける

小さなリングを棒に通す瞬間は手の力加減を調整しないといけないため、指先に神経を集中させます。
これを繰り返す事で、集中力を身に付けるようにします。

使用する教具

リング通しの教具は何種類かありますので、難易度が簡単なものから順番にご紹介します。

①リングさし

一本の棒に、3つのリングを通すシンプルな作りのリングさし。
前回のリング通しと比較すると、リングの大きさと棒の太さが変わっただけなので、次のステップとして取り組みやすいです。

②三色リングさし

3本の棒それぞれに、3つのリングを通す三色リングさし。1本の時とは違い、他の棒に当たらないように通さないといけないので難易度が増します。色の違いがわかるようになってきたら、色の分類もできます。

③リング横通し

上からまっすぐ下に通す動作と比べて、横から通すのは難易度が高くなります。

取り組み方法

まずは親がお手本を見せます。楽しそうにやるのがポイントです。

親指、人差し指、中指の3本でリングをつかみ、ゆっくりと棒に通します。

次に子供にやってもらいます。

子供がやりたくない時は無理にやらせず、日を置いてから、またやり方を見せて誘ってみてください。

知育おもちゃで代用する場合

市販の知育おもちゃでも同じように取り組めるものがありますので、いくつかご紹介します。

①ボイラ社 ジオトリオ

ボイラはタイの老舗木製知育玩具メーカーで、数々のグッドトイ賞を受賞しています。

ジオトリオのリングは大きめに作られていて、手の平全体でつかめるので、小さなお子さんから使えます。 

棒は台座にゴムで繋がっていて、重さがかかると曲がるようなっているため、安心です。

また、リングを通すことになれたら、リングを「大きさの違い」、「形の違い」、「色の違い」で分類しながら通す等、発展した遊びができます。

②ニック社 プラステン

ドイツのニック社はシンプルなデザインの木製玩具で有名です。

プラステンは棒通し以外にもひも通し、おはじき、おままごとなど、年齢に応じて様々な遊びが楽しめます。

ネットで「プラステン 遊び方」で検索するといろいろ出てきますので、ご参照ください。

五色のリングが50個ついていますが、無くした時は1個から取り寄せが可能です。

③ウッディプッティ はじめてのつみき Ring 10

ウッディプッティは天然木の温もりにこだわり、常に個性的なデザインで木製玩具を作る日本のメーカー。

Ring 10はかわいいパステルカラーが魅力で、リング以外にも顔や帽子のパーツがついています。

棒通し、積み木、平面遊び、人形遊びなど、基本の遊びが30通り楽しめます。

子供のアイデア次第で長く使える知育玩具です。

我が家で選んだのは…

ボイラのジオトリオを選びました。選んだ理由は3つです。

①ピースが大きめで、棒も曲がるので1歳児でも安心。

②リングが丸、三角、四角になっているので、つかみ方の違いを学べる。

③もう少し大きくなると、形、大きさ、色で分類分けして遊べるので、遊び方を発展させる事ができる。

ジオトリオはプラステンやRing10に比べると、より低年齢向けかなと思います。どれにしようか迷いましたが、1歳児が扱いやすいものにしました。

取り組みの様子と効果

前回、ゆらりんタワーを使ったリング通しに取り組み、1歳2ヶ月くらいに一通りできるようになりました。

そのため、今回の棒通しは1歳4ヶ月からスタートです。

最初のうちはあまりリングには興味が無さそうで、代わりに顔のピースが気に入ったようでした。

顔のピースを通す

手でつかんで棒に通します。積み木のような形なのでつかみやすそうです。

時々、飽きるとリングに指を入れたり、投げたりするので、飽きた時は適当なところで切り上げます。

1歳5ヶ月になると、リングを通す事に興味を持ってきたようで、リングを続けて通していきます。

bst

まだ色、形、大きさの区別はつかないので、通す順序はバラバラです。

順序はバラバラに通している

でも、この時期は通す事が目的なので、気にせずドンドン通してもらいました。

2か月ほどの取り組みの中で、スムーズにリングを通せるようになりました。

特に今までは丸いリングしか通した事はありませんでしたが、三角や四角のリングも持つ位置を考えながらつかみ、上手に通す事ができるようになりました。

最初取り組んだ頃に比べて、棒通しに集中するようになってきたのも良かったです。

集中する経験をもっと積み重ねていきたいと思います。

次のステップは?

棒にリングを通す事に慣れてきたら、次は玉にひもを通すひも通しに取り組みます。

紐通しについては、こちらをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました