おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

0歳の視覚を育てるモビールはこの4種類!モンテッソーリ教育の視点でご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ物をにぎることができないため、起きている間はほとんど天井をぼんやりと見ながら過ごします。

視覚が弱く、30cmほどの距離にしか焦点を当てられない上、一点をじっと見つめていることもできません。

あかちゃんの視覚の発達を促進するためには、興味のあるものを自発的に見ようとしたり、見続けるという動作が必要になってきます。

このような環境を整えてあげるために、モンテッソーリ教育で取り入れているのは「モビール」です。

単純にモビールと言っても赤ちゃんは日々成長しているため、月齢により吊るすモビールも変化します。

ここでは、月齢別おすすめのモビールとその吊るし方などをご紹介します。

赤ちゃんにねんね期を楽しく過ごしてもらいましょう!

スポンサーリンク

いつ頃から始めるの?

モビールは生まれてすぐから吊るすことができます。
成長に沿ったモビールを選ぶ必要はありますが、自然な風で軽く揺れる様子は、あかちゃんの目にもやさしく、視覚の発達を手助けしてくれます。

どんな効果があるの?

自然の風を受けてゆらゆらと不規則に揺れるモビールは赤ちゃんの視覚を発達させるだけでなく、好奇心を刺激し、豊かな情緒を育んでくれます。

また月齢が進むと手を伸ばしてつかもうとする動作も見られるようになるため、手先の発達も手助けしてくれます。

吊るしていると良いことずくめですね。

吊るし方

①吊るす距離は赤ちゃんの顔から30㎝ほど

赤ちゃんは30cmほどの距離にしか焦点を当てられないため、モビールも30cmほどの距離に吊るすといいです。30cmというのは、ちょうど授乳する時に見えるお母さんの顔の位置です。

②色合いがシンプルで数量は多くても7個くらいまで

市販されているものの多くは吊るされているものの数も多く、形や大きさも何種類もあり、色も多く盛り込まれています。

大人が見ると刺激的で見栄えが良く思えてしまうのですが、生まれたばかりの赤ちゃんは白黒のコントラストしかわからないため、なるべくシンプルなものがいいです。

月齢別おすすめモビール

モビールには赤ちゃんの視覚の発達段階に合わせた順番があります。
それぞれの月例ごとにおすすめのモビールをご紹介します。

生まれてすぐから


ムナリモビール

まずは生まれてすぐのあかちゃんでも認識しやすい白と黒のコントラストでできているムナリモビールです。

素材は直径7cmほどのガラス玉と表裏が黒と白の紙です。

キラリと反射するガラスやシンプルな白黒の幾何模様が赤ちゃんの興味を引くように作られています。

生後2カ月くらい


八面体モビール

生後2カ月頃になると眼球が固定され、追視ができるようになってきます。
この時期にはホログラムの光沢素材でできた八面体モビールがおすすめです。
窓の外からの光に反射してキラキラと光る様子がとても美しいです。

生後2、3カ月以降

ダンサーモビール

白黒のモノトーンにホログラムを一色足したダンサーモビール。

形や動きが少し複雑になるため、見る事に少し慣れてきた赤ちゃんの好奇心を刺激します。


ゴッビモビール

美しい絹糸や毛糸が巻きつけられた球体のゴッビモビール。1色が5段階もしくは7段階のグラデーションになっています。

赤ちゃんは最初、濃い色を認識し、少しずつ薄い色が見えるようになってきます。

モビールの色がグラデーションになっているのはこのためです。

モビールを手作りする場合

シンプルなモビールなので、手作りすることも可能です。

モビールを手作りしたい方は、「ムナリモビール 手作り」などでネット検索すると手作りキッドを販売しているサイトや、手作りされた方の記事がいろいろと出てきますので、ご参照ください。

また一から手作りするのは大変だけど、モビールすべてを買うと値が張るという方は、手作りキッドを販売しているサイトを見つけましたので、こちらを利用されてはいかがでしょうか?

こどもの道具や

ムナリモビール 手作りキッド

ゴッビモビール 手作りキッド

まとめ

誕生してから数カ月間だけでもこれだけの種類のモビールが赤ちゃんの発達を促す環境として考えられます。

ベッドで寝ているだけに見える赤ちゃんでも日々成長しているので、寝かせておくだけなんてもったいないですね。

赤ちゃんの発達を手助けする環境を積極的に整えていきましょう。

次の記事では手で物をにぎり始めた赤ちゃんにおすすめのラトル(ガラガラ)をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました