おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

0歳向けリング通しおもちゃ3選と知育効果をご紹介!モンテッソーリの通すお仕事①

リング(輪っか)を使ったおもちゃ「リング通し」は子供が大好きなおもちゃです。

一言で「リング通し」と言っても、リングや棒の大きさは様々なので、どの年齢でどのタイプを選んだらいいのか迷いますよね?

でも、子供の年齢を基準にすると扱えるリングの大きさや棒の太さが自然と決まってくるんです。

ここでは、リング通しおもちゃを選ぶポイントとおすすめ3選、知育効果、遊び方、遊んだ様子などをご紹介します。

この記事をご参照頂き、子供とリング通しで楽しく遊んでみてください!

リング通しはいつから遊べるの?

リング通しは棒にリングを通して遊ぶおもちゃです。

手のひら全体でつかめるような大きなリングであれば、お座りが安定してくる生後9ヶ月頃から遊べます。

大きいサイズのリング通し

1歳を過ぎたら、小さめのリングで遊べるようになります。

ジオトリオ
小さいサイズのリング通し

ここでは、0歳向けの大きめリング通しについてご紹介します。

1歳以降からできる小さめのリング通しについては、こちらの記事でくわしくご紹介しています。

リング通しは指先の発達に効果あり!

リング通しで繰り返し遊ぶと、指先の発達にとても効果があります。以下にご紹介します。

①目と手の協応動作ができるようになる

リングを棒に通すには、目と手を連携させて動かさないといけません。リングを通す動作を繰り返す事で、目と手の協応動作がうまくできるようになります。

②自分の意思通りに手をコントロールする

お座りができるようになり、両手が自由に動かせるようになっても、まだ自分が思ったようにはうまく動いてくれません。何度もリングを棒に通す事により、手を意思通りにコントロールできるようになります。

リング通しおもちゃの選び方とおすすめ品4選

リング通しで調べると、いろいろな種類の市販おもちゃがありますが、ほとんどが1歳以上のものです。

0歳向けのリング通しについては、以下2つのポイントで選ぶと、子どもも遊びやすいです。

選ぶポイント

・リングは手全体を使ってつかめる太さ
・通す棒も太いもの

0歳児でも遊べる市販おもちゃを3つご紹介します。

①ゆらりんタワー(フィッシャープライス)

ゆらりんタワーはフィッシャープライス社のロングセラー商品。ゆらゆらと揺れるタワーにリングを順番に通していきます。1960年に初登場以来、絶大な人気を誇っています。

90%が植物などの再生可能な資源で作られた「ECO」と従来の「ブリリアント・ベーシック」の2タイプがあり、「ECO」の方がお手頃価格となっています。

わが家では「ブリリアント・ベーシック」を使いました。

リングはカラフルは色使いになっていて、子どもの興味を引きます。一番上の赤いリングの中にはビーズが入っているため、振るとカチカチという音も楽しめます。

ビーズが入った赤いリング

棒は下にいくほど太く、リングも下にいくほど大きくなっているため、大きいリングから順番に通さないとすべてのリングが入らないしくみになっています。2歳以上になり、大きさの違いがわかるようになってくると、スタッキングトイとしても使えます。

太さの違う棒とリング

②スタッキングリング(B.toys)

石のようなフォルムのスタッキングリング。カラフルな5つの輪っかは手触りと形がそれぞれ異なります。棒や輪っかが大き目に作られているので赤ちゃんが扱いやすいサイズです。

③はじめてのスタッキングリング(プラントイ)

木製のリング通しであれば、プラントイ社(タイ)のスタッキングリング。

棒の太さは上から下まで同じであるため、リングを入れる順番を気にしなくてもすべて入れられるようになっています。また、子どもが棒に当たった場合、棒が折れ曲がるようになっているため、遊んでいても安心のおもちゃですね。

④スタッキングリング(プラントイ)

同じくプラントイ社の木製スタッキングリングですが、こちらは上級編です。昨日は「はじめてのスタッキングリング」と同じで、リングの数が増えています。1歳を過ぎても長く使えそうです。

リング通しおもちゃで遊ぶコツと注意点

ゆらりんタワーを使った遊び方をご紹介します。

まずは、親がお手本を見せます。

右手が利き手の場合は、右手がよく見えるように子どもの右側に座ります。

ゆっくりとリングをつかんで、タワーに通したり、外したりします。

次に、子どもにやってもらいます。

子どもがやりたくなさそうだったら、無理せず何日か時間をおいて、また誘ってみてください。

0歳頃はリングをなめたり、棒から外したりすることが中心で、実際にリングを棒に入れるようになるのは1歳前後が多いようです。

この時期は穴の大きさを判断するのはまだ難しいので、順番は気にせず、リングを通すことだけを目的としてください。

タワーがゆれてやりづらい場合は、タワーをおさえてゆれないようにしてください。

リング通しおもちゃで遊んだ様子をご紹介

わが家は生後9カ月頃からリング通しで遊び始めました。最初はリングを外す事が楽しいようで、何度も外していました。

1歳近くになると、リングを通すようになりました。ゆれるタワーに何度か空振りしながらもバランスをとって通したり、外したりしていました。

1歳頃、ようやくリングを通すようになりました。

1歳2カ月頃になると、リングを外して、通してという動作を集中して10分ほど繰り返すようになりました。

1歳2カ月、順番はバラバラですが、集中して取り組んでいる。

2歳近くになったら、リングの大小の違いも認識しながら、遊べるようになります。

いろいろなおもちゃをおトクに利用するには?

リング通しおもちゃをご紹介しましたが、0歳児向けのおもちゃは他にもたくさんあります。

それぞれ違った知育効果があるので、いろいろなおもちゃで遊ばせてみたいのですが、購入するとなると、お金がかかるのが悩みです。

わが家では、なるべくおトクにおもちゃを利用できないかと考えた末に、おもちゃレンタルを利用する事にしました。

ここでは簡単におもちゃレンタルについてご紹介します。

おもちゃレンタルはおトクで効率もいい!

0歳の発達を助けるおすすめ知育玩具25選!」でもご紹介していますが、生後9か月以降は、落とすおもちゃ、押すおもちゃ、たたくおもちゃなど、指先の発達に欠かせないおもちゃがいろいろあります。

良質なおもちゃは購入すると1個あたり3,000円前後かかるので、種類が多いとお金がかかります。

わが家では長く使えるものは購入し、他はレンタルする事にしました。

定額制おもちゃレンタルだと、一つ一つおもちゃを購入するより、おトクに利用できます。

また、他にも以下のようなメリットがあります。

・プランナーさんがおもちゃを選定してくれるので、準備する手間がかからない。

・自分が知らない良質なおもちゃを知る事ができる。

・おもちゃが溜まらず、場所を取らない

・毎回クリーニングされているので、自宅のおもちゃよりもキレイ。

おトクなのはお金の面だけでないところが、いいですね!

初めてのおもちゃレンタルはトイサブがおすすめ!

おもちゃレンタルはいくつか会社があり、最初はどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

わが家では、早くからサービスを開始して、実績のある「トイサブ」にしました。

実際に利用してみて、サービスと価格のバランスが良く、おもちゃ選定に安定感があります。

トイサブでは、2か月単位で6個のおもちゃをレンタルできます。

1個当たり、月額600円程度で利用できる計算なので、とてもおトクです。

プランナーさんが利用者アンケートをもとに最適なおもちゃを選んでくれますが、自分がレンタルしたいおもちゃは具体的にリクエストもできます。

他のレンタルサービス会社はトイサブを基準にサービスを展開していますので、迷う方はまずは「トイサブ」をおすすめします。

トイサブを試した後に、ご家庭の事情に合わせて他のおもちゃレンタルを検討してみるのがいいと思います。

↓トイサブのサービスや特徴についてはこちらでくわしくご紹介していますので、ぜひご参照ください。

↓トイサブでレンタルできるおもちゃ例や遊び方についてはこちらでくわしくご紹介しています。

まとめ

リング通しでリングを外す、通す動作を繰り返す事で、指先を発達させる効果があります。ぜひ子供にあったリング通しを準備で遊んでみてください。

遊ぶ時は親が楽しそうにお手本を見せると、赤ちゃんも遊び方がわかり、興味を持ってくれるようになります。

0歳児向けおもちゃは他にもいろいろな種類があるので、定額制レンタルサービスを利用すると、おトクに遊ぶことができます。

大きなリングが通せるようになったら、次は小さなリングにステップアップして遊んでみましょう。

↓小さなリングについては、棒通しの記事でくわしくご紹介しています。

↓0歳向けおすすめ知育玩具はこちらでくわしくご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました