おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳でもできる紐通し!遊び方のポイントは?モンテッソーリの通すお仕事③

紐通し

穴に紐を通すだけのシンプルなおもちゃ「紐通し」。

動作としては単純に見えますが、指先の発達にはとても良いおもちゃです。

紐通しにはビーズに紐を通す「ビーズタイプ」と、穴の開いたボードに紐を通す「ボードタイプ」の2種類があります。

1歳児向けには、「ビーズタイプ」から始めるといいと思います。

ここでは、1歳向け紐通し(ビーズタイプ)のねらいや選び方、おすすめの市販品、遊び方、遊んだ様子などをご紹介しています。

スポンサーリンク

紐通しはいつからできる?

棒通しができるようになってきたら取り組みます。年齢の目安としては、1歳半以降から取り組み始めるといいです。

棒通しは主に片手でピースを棒に通しますが、紐通しでは両手を使うので難易度が高くなります。

後ほど遊んだ様子をご紹介しますが、わが家では1歳7ヶ月の頃からやり始め、1歳9ヶ月頃に概ねできるようになりました。

※年齢はあくまで目安になりますので、子供の成長を見ながら取り組んでみてください。

↓前回の棒通しについては、こちらをご参照ください。

1歳向け紐通しのねらい

①指先や手首の動きを発達させる

ビーズや紐を指でつまんだり、穴に紐を通す動作を通して、指先や手首を自分の意思通りにコントロールできるようにします。

②集中力を身に付ける

小さな穴に紐を通す時は意識を集中させる必要があります。ビーズを何度も穴に通す経験を通して物事に集中する習慣を身に付けます。

1歳児におすすめの紐通し

1歳児でも紐通し選びと遊び方に気を付けると楽しく遊ぶ事ができます。紐通し選びのポイントと遊び方をご紹介します。

紐通し選びのポイント

市販の紐通しはいろいろな種類があるので、どれを選べばいいかよくわからなくなってしまいます。

1歳児はまだ指先が十分に発達していないため、次のポイントで紐通しおもちゃを選ぶといいと思います。

選ぶポイント

①穴の大きさは5mm以上
②紐の先端に補助棒がついている

①穴の大きさは5mm以上

初めて遊ぶ時は穴が大きめのビーズを選ぶとやりやすいです。

穴は5~10mmを目安にする

目安としては、5~10mm程度のものから取り組み、慣れてきたら、段々と小さいものに変えていきましょう。

ビーズ穴が大きいものは、ビーズ自体も大きく作られているものが多いので、使いやすいです。

②紐の先端に補助棒がついている

紐の先端は柔らかいままだと通しづらいので、ボンドで固めたり、セロハンテープを巻いたりして、通しやすいようにしましょう。

市販おもちゃだと靴紐の先のようにちゃんと補強されているものが多いと思います。

先端が金属で補強されている

特に1歳児の場合は補助棒がついているものを選ぶとやりやすいです

木の補助棒がついたもの

おすすめの紐通し4選

①ズービーズ (クラシックワールド)

動物の絵柄がかわいいズービーズ。
12個のピースと1本の紐がセットになっています。穴も大きめに作られていて、補助棒も付いています。動物の他にフルーツ、乗り物、海の生き物のシリーズもあります。

②バンビーニビーズ・ドリーム(ハバ)

球体、円錐、リンク半円などのシンプルな形のビーズが12個付いている紐通し。1本の紐と取り外し可能な補助棒がセットになっています。穴の長さが異なるので、ビーズごとに紐を通す難易度が変わってきます。

③ストリング アロング シェイプ(ハペ)

丸、三角、四角などいろいろな形の32個のビーズと、2本の紐が入ったセット。ビーズの数が多いので、慣れてきたらたくさん通して遊べます。

④ビードラー(マヤ・オーガニック)

9個のカラフルなピースを通していくと虫の形になる紐通し。顔部がストッパーになっています。自然素材の塗料で色づけし、仕上げはニスを使わずひとつひとつ、職人が葉っぱで磨くことによって、美しい輝きを生み出しています。

番外編:ボードタイプの紐通し

⑤チーズとネズミのひも通し(クレマーズ)

1歳でもボードタイプの紐通しで遊ばせたい場合は、クレマーズの紐通しが扱いやすいです。

木製のチーズに穴が開いていて、ネズミの顔が描かれたスティックを通していきます。ネズミがチーズをかじっているように見えるところがかわいいです。サイズが10cm程度なので1歳児でも持ちやすく、外出先にも持っていきやすいです。

わが家でも使っています。(後ほど遊んだ様子をご紹介しています。)

紐通しおもちゃは手作りできる?

穴に紐を通すおもちゃなので、手作りする方法はネットでたくさん紹介されています。

厚紙で作った花に紐を通してみたり、ストローに毛糸を通したり、100均ショップのビーズを利用したり…。

ただ、1歳児の場合は、紐通しおもちゃの選び方でご紹介したように、ビーズの穴の大きさ、紐の先端処理に気をつけて手作りする必要があります。

紐通しの遊び方(1歳児編)

穴に紐を通すだけなのですが、初めてやる子供には意外と難しいものです。

最初は親が以下手順でお手本を見せてあげてください。

①左手3本指で紐の先端を持つ。

②右手3本指でビーズを持ち、ビーズの穴と紐の先端を合わせて見せる。(右手、左手はやりやすい方で)

③ビーズの穴に紐を通す。

④穴から出てきた紐の先端を右手3本指で持つ。

⑤左手でビーズを持ち、紐の最後まで流す。この動作を繰り返す。

⑥全部通し終えたら、右手で1番目のビーズを持ち、左手で2番目のビーズを抑えて、引き抜く。

⑦通したビーズすべてを引き抜いて元に戻す。

両手に持って通すのが難しいようであれば、ビーズを机などに置いて抑えながらやるとやりやすいです。慣れてきたら持って通してみてください。

机に置くと通しやすい

・親のお手本が終わったら、子供にやりたいか聞いてみます。やりたくない時は無理をせず、また別の日に聞いてみてください。

・準備するビーズは、最初は3つ、次に5つ…と徐々に増やしていくといいです。

・ビーズは誤飲の危険がありますので、必ず側について遊ばせるようにしてください!

1歳児が遊んだ様子

我が家では1歳7ヶ月頃から遊び始めました。使用したのは球体と果物のビーズです。

補助棒を使っていますが、それでも通す時に
ビーズを落としてしまったりします。ようやく数個続けて通せました。

うまく穴に通せない

でも、ビーズを通した後に補助棒を持ち替えてビーズを後ろに流す事がうまくできないので、補助棒にいくつもビーズが溜まってしまっています。

ビースを後ろに流せず溜まってしまう

果物ビーズの方がサイズが大きいので、簡単かなと思っていたのですが、穴がどこにあるのかわからないようで、全く違ったところに通そうとしていました。

穴がどこにあるかわからない

1歳8ヶ月になると、通す事に慣れてきて果物ビーズにもスッと通せるようになりました。補助棒を持ち替えて、ビーズを後ろに流すこともできるようになってきました。
この頃から、紐通しが楽しくなってきたようで、集中して遊ぶようになりました。

うまく通せるようになってきた

1歳9ヶ月になると、一度に続けて10個以上のピースを通せるようになりました。ビーズを流すのもスムーズになりました。

スムーズに穴に通せる
たくさん通せるようになった

ボードタイプの紐通しとしてご紹介したクレマーズの「チーズとネズミのひも通し」もやってみました。

1歳後半でも持ちやすい形になっています。補助棒を通した後も棒が出てくる場所が見やすいので、何度も補助棒を通して遊んでいました。

1歳後半でも扱いやすい

外出先にも持っていけるので、暇つぶしにも使えます。

紐通しの効果

効果

・右手と左手をうまく連携させて作業できるようになった。
・少し長い時間集中できるようになった。

両手を使った作業があまりなかったので、紐通しをやる事で右手と左手を連携させる作業がうまくできるようになりました。

紐通しがある程度できるようになると10分以上集中して遊ぶようになりました。

集中して遊べると楽しくなるのか、やりたい時は自分で紐通しを用意するようになったのも良かったと思います。

まとめと次のステップ

1歳でも紐通しの選び方や遊び方に気をつけると楽しく遊ぶ事ができます。ぜひお家で試してみてください!

2歳くらいになるともっと小さなビーズも扱えるようになります。100均ショップのプラスチック製ビーズを使うビーズ通しをご紹介していますので、合わせてご参照ください。

参考書籍
タイトルとURLをコピーしました