おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

【レビュー】「ひとりで、できた!」にはモンテッソーリ流手作りおもちゃのアイデアがたくさん!

子供のおもちゃを手作りしたいと思っていても、いざ作ろうとすると、何をどのように作ったらいいのかわからない。

そんな時おすすめなのは、モンテッソーリ流手作りおもちゃの見本がたくさん載っている本、「ひとりで、できた!」です。

あったらいいな〜と思うけど、市販品ではなかなか見つからないおもちゃに出会えます。

ここでは、「ひとりで、できた!」の概要、おすすめポイント、読んだ感想をご紹介します。

こんな人におすすめの本です

・おもちゃを手作りしたいけど、作り方がわからない。
・何歳でどんなおもちゃが喜ばれるのかわからない。
・モンテッソーリ教育を取り入れたおもちゃを手作りしたい。

スポンサーリンク

「ひとりで、できた!」はこんな本

主に0歳から3歳くらいまでの子供を対象に、モンテッソーリ教育の考え方を取り入れたおもちゃの作り方と活用方法が詳しく紹介されています。

著者は、モンテッソーリ教育を取り入れた育児を行っている京都市の「くすのき保育園」の園長、池田正純氏と主任、池田則子氏。

監修はモンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子氏です。

第一章から第三章はモンテッソーリ教育の考え方や「くすのき保育園」の様子、第四章から第六章はモンテッソーリ流おもちゃの作り方や活用方法が紹介されています。

写真や図をたくさん使って、初心者でもなるべくわかりやすいように、丁寧に説明されています。

モンテッソーリ関連本の中でも手作りおもちゃの見本が豊富なのが特徴です。

↓モンテッソーリ教育について知りたい方はこちら

「ひとりで、できた!」のおすすめポイント

①カラーの写真や図がわかりやすい

おもちゃの作り方が紹介されている第5章からはカラーの図や写真がたくさん使われています。

図を使って作り方が丁寧に説明されていて、更に写真では実物を見る事ができるので、ぱっと見てわかりやすい内容になっています。

②目安の年齢が書いてある

モンテッソーリ教育では子供の成長に合わせて、遊びを選ぶので、モンテッソーリ関連本では「何歳何ヶ月でこういう遊びをしましょう」と明確に書かれているものは少ないです。

でも、実際にはある程度目安となる年齢や月齢やわからないと、何の遊びから試していいのかよくわからない事があります。

「ひとりで、できた」では、「1歳〜」、「2歳半〜」というように遊びの目安年齢が6ヶ月単位で書かれているので、参考にしながら準備がしやすいです。

③モンテッソーリ流おもちゃの特徴が詳しく紹介されている

モンテッソーリ教育の考え方を取り入れたおもちゃの特徴が第四章を丸々使って、詳しく紹介されています。

他の本だとさらっと数ページで紹介が終わる事が多いです。

モンテッソーリ流おもちゃの特徴がよく理解できるので、自分でおもちゃを作ったり、市販品を買ったりする時にとても参考になります。

「ひとりで、できた!」を読んだ感想

幼稚園で先生たちが作っている素晴らしいおもちゃの見本が豊富に載っていて、0歳から3歳まで長く使えます。

おもちゃの材料は身の周りのものばかりですが、幼稚園や保育園などで大勢の園児が使う事を目的としているためか、手の込んだおもちゃが多い印象です。

同じものを作ろうとすると、100均で材料を買ってきて手軽にぱっと作るというのはちょっと無理かもしれません。

でも、手作りおもちゃのアイデアは参考になるので、家庭用にもっと簡単にアレンジしてしまえば、手軽にできてしまいます。

我が家でも、本からアイデアをもらって、アレンジしながら作っていました。

>>アレンジして作った引っ張るおもちゃはこちら

手作りが難しい感覚教具や算数教具についても、アイデアが最後の方に少し載っているので、手作りおもちゃでも代用できるものがあるんだな〜と興味深かったです。

おもちゃを手作りしたいと思っている方は、是非参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました