おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

【レビュー】「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」で楽しくおうちモンテ!

モンテッソーリ教育といえば、幼児期から始まる感覚教育などをイメージする人が多いのではないでしょうか?

でも、モンテッソーリ教育は0歳から始まります。

「0〜3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」には新生児から家庭での取り組める方法が分かりやすく紹介されています。

ここでは、モンテッソーリ教育関連書籍「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」のおすすめポイント、ちょっと残念な点、正直な感想を紹介します。

こんな人におすすめの本です

・0歳から3歳までのモンテッソーリ教育を知りたい。
・モンテッソーリ教育を家庭ですぐ取り入れたい。
・分かりやすいモンテッソーリ教育本がいい。

スポンサーリンク

「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」ってこんな本 

「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」は0歳から3歳までを対象に、モンテッソーリ教育を家庭育児に取り入れる方法を紹介している本です。

筆者は日本モンテッソーリ教育研究所認定教師(0~3歳)、国際モンテッソーリ教育協会認定教師 (3~6歳)の資格を持つサロン・ド・バンビーノ代表の藤崎達宏氏。

自身の子育て経験を活かし、モンテッソーリ教育をどのように家庭育児に取り入れて実践していくかを分かりやすくやすく解説しているのが特徴です。

Amazoなどの口コミでも「分かりやすい!」、「勉強になった!」と好評で、続編となる3歳〜6歳対象の「モンテッソーリ教育で自信とやる気を伸ばす!」も出版されています。

おすすめポイント

おすすめポイント

・育児の各テーマを幅広く網羅
・要点を抑えた簡潔で分かりやすい解説
・家庭で取り入れやすい

①育児の各テーマを幅広く網羅

チャプター1は、モンテッソーリ教育の紹介、チャプター2〜4は年齢別説明の構成になっていて、環境、衣服、遊びなどの各テーマを幅広く解説しています。

モンテッソーリ教育は3歳以降の感覚、言語、算数教育が注目されがちなので、0歳、1歳について書かれた本が少ないです。

「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」では0歳、1歳を対象とした育児テーマについて知る事ができるので、妊娠中から読んで予習しておくのもいいですね。

0歳、1歳のコーナーも幅広く解説

②要点を抑えた簡潔で分かりやすい解説

年齢別に育児テーマの要点が箇条書きでまとめられているので、ポイントをつかみやすいです。

ポイントが見やすい

説明も簡潔なので忙しい時でもスラスラと読み進める事ができ、内容が頭に入りやすいです。年齢別に検索できる工夫もされています。

年齢別にすぐ検索できる

③家庭で取り入れやすい

一般家庭でもすぐできる事や準備できる物が中心に紹介されています。

手作り教具の例がいくつかありますが、どれも100均ショップなどで手に入れやすいものばかりです。 

手作り教具の紹介

モノクロではありますが、写真やイラストも入っているので、イメージをつかみやすいです。

わかりやすいイラスト

ちょっと残念な点

手作り教具については、家庭でも簡単に作れる物が載っているのは非常に良いのですが、例が少ないです。

1歳から2歳のチャプターで20種類がまとめて掲載されていますが、すべてが1歳になったらすぐできるものではないので、もう少し難易度別に例がたくさん載っていたらな〜と思いました。

多くのテーマを網羅しているので、手作り教具だけにページを割くわけにはいかないですが、他に手作り教具を紹介した本が少ないだけに、ちょっと残念でした。

本を読んだ正直な感想

モンテッソーリ教育関連本はいくつもありますが、どうしても分かりづらい教育論になりがちです。

「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」はモンテッソーリ教育について、広く浅く概要を理解した上で、すぐに育児に取り入れたと思う人にはピッタリの本です。

モンテッソーリ教育の説明、親の心構え、環境、食事、衣服、遊びなど、幅広いテーマをバランス良く、うまくまとめています。

すでにモンテッソーリ教育についてある程度知識がある人にとっては物足りなく感じるかもしれません。

もっと深く知りたい方は、それぞれのテーマについてもっと詳しく書かれた本を参考にするといいと思います。

まずは、「モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」を読んで、モンテッソーリ教育の概要がわかったら、育児に取り入れながら、どんどん理解を深めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました