おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

100均材料で簡単手作り!引っ張るおもちゃの作り方

お座りを始めた赤ちゃんは、ティッシュペーパーを引っ張り出したり、電源コードを引っ張ったり、手の動きが活発になってきます。

引っ張るという動作は、手や腕の力を鍛え、小さいものや細いものをつかむ練習になります。

でもお座りをし始めたあかちゃんが遊べる引っ張るおもちゃは意外と少ないです。

そこで、100均材料を使って、引っ張るおもちゃを手作りしてみてはいかがでしょうか?

ここではゴムで結んだビーズや小物を引っ張るおもちゃの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

引っ張るおもちゃの材料

手作り材料

・空のミルク缶(800g用)
・ヘア用ゴムひも
・子どもが興味を引く小物(赤ちゃんが舐めても大丈夫な大きいめのビーズやキーホルダーなど)

※ミルク缶以外は100均ショップで購入できます。

材料

おもちゃの手作り方法

①ミルク缶のフタの柄が気になる方は色紙などを貼って、見た目をきれいにしてください。

紙を貼ってミルク缶の模様を隠す

②千枚通しや先の細いドライバーでフタに穴を開けます。千枚通しを通す時は表から裏に通すようにしてください。(バリが出るのを裏側にするため)

穴を開ける

穴の数はあまり多くするとゴチャゴチャしてゴムが絡まったりするため、6つくらいまでがいいと思います。写真は6つ開けました。

穴は6つ

③穴の裏側にバリが出るため、気になる場合は、ドライバーで削ったり、押したりしてバリの尖端をなめらかにしてください。
(写真ではバリが見えづらくてすみません)

バリの写真
矢印のところにバリが出ている

④穴にゴムひもを通して、先端にビーズや小物を結び、写真のようにU字にして結びます。ゴムひもの長さはお好みですが、短めの方がゴムを引っ張る感触が楽しめます。

ビーズを取り付ける
U字になるようにゴムを通す
フタが完成
いろいろな小物をつける

⑤フタをしめて、出来上がりです。
 ミルク缶の側面にも色紙などを貼ると見た目もかわいくなります。

引っ張るおもちゃで遊ぶ時の注意点

・小物はゴムひもにしっかりと結んでください。引っ張った時にほどけると誤飲の危険があります。

・子どもの引っ張る力が強くなってくると、ゴムひもを引っ張った後の反発も強くなりますので、ひもの長さを調整するなどして、危険がないように注意してください。

・引っ張った時にミルク缶が持ち上がる場合は、缶の中に重りになるものを入れてください。

手作りおもちゃのおすすめ本

今回の引っ張るおもちゃは以下書籍「ひとりで、できた!」からアイデアを貰って作りました。

「ひとりで、できた!」にはモンテッソーリ流手作りおもちゃのアイデアがたくさん紹介されています。

子供のためにおもちゃを手作りしてあげたい!という方は是非ご参照ください。

↓こちらの記事で「ひとりで、できた!」のレビューを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました