おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳のモンテッソーリ【押す②】〜ボールを押し込む動作をやってみよう!〜

前回は身の周りのものを「押す」お仕事に取り組みました。

指先で押す動作に慣れたら、少しステップアップして、ギューッと「押し込む」お仕事に取り組んでみましょう。

押し込む動作は一つの方向に力を集中させる必要があり、手や指先の筋力の発達を促進します。

ここでは、押し込むお仕事に使用する教具、取り組み方法や手作り教材をご紹介します。

前回の押すお仕事については、こちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク

いつから始めるの?

指先でいろいろなものを押す動作と、ボールをにぎって落とす動作がスムーズにできるようになったら。

年齢目安:1歳頃から

お仕事の目的

・指先の筋力を鍛える。

・一点の方向に力を意識して集中させることができるようになる。

使用する教具

ボールは布製で伸縮する素材になっています。
上面に開いている穴はボールより少し小さくなっていて、ボールをにぎって小さくするか、ギューッと押し込まないと入らないようになっています。

以前ご紹介した教具「玉入れ」の箱と同じ作りになっていて、入れるボールの素材のみ異なっています。少しずつステップアップするモンテッソーリ教具らしい作りです。

取り組み方法

まずは親がお手本を見せます。
ぎゅっと押し込むところをゆっくり見せてあげます。次に子どもにやらせてあげます。

最初はそのまま入れようとしますが、入らないことに気づき、どうすれば入るのか考えるようになります。

できるようになるまで、何度もお手本を見せながら、見守ってあげてください。

市販のおもちゃで取り組む場合

市販のおもちゃでも同じ動作に、取り組めるものがあります。
ハンマーでボールをたたくハンマートイというものですが、ここではハンマーではたたかず、手でボールをギューッと押して落とします。

1歳半をすぎるとハンマーで狙ってたたけるようになってきますので、最初は手で押し、次にハンマーでたたくという2段階のステップで使うことができます。

ハンマートイは各メーカーからいろいろなものが出ていますが、いくつかご紹介します。

レシオ社(イタリア)のパロはハンマートイの定番です。ボールは赤、青、黄のきれいな三原色で、置く穴も同じ色でラインがついているため、色合わせもできます。転がり出てきた玉はストッパーで止まるようになっているので、どこかへ転がっていってしまうこともありません。

ハンマートイに鉄琴がついたタイプもあります。ハペ社(ドイツ)のハンマートイです。落した玉が鉄琴の上を転がり、音が流れます。鉄琴は外して、楽器としても使えます。

ハンマートイについては、こちらの記事をご参照ください。

手作り教具で取り組む場合

空き箱と100均材料のカラーボールがあれば、簡単に作れます。

材料
・穴を開けた箱
・100均ショップのカラーボール(直径2.5cm)

箱は円柱落としで使ったものを流用しました。穴の大きさは2.1cmです。

ボールは100均ショップで売っている手芸などに使うカラーボール(直径2.5cm)です。

穴がきついと感じたら、少し大きくしてください。

取り組んだ感想

我が家では1歳2ヶ月の時に取り組みました。

親の真似をしてボールを入れようとしますが、押し込む力が足りず、ボールの弾力で跳ね返されてしまいます。

直径2.5cmのボールだと、押し込む時に3本指を使うのですが、ボールが小さく、すべって力が逃げてしまいます。

最初は途中まで少しボールを入れてあげたりして難易度を低くし、何とか押入れることができました。

しばらく練習する必要がありそうです。

また、市販おもちゃのハンマートイの方がボールが大きく、手のひら全体で押すことになるため、難易度が低そうです。

最初はハンマートイから取り組むのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました