おもちゃレンタルで効率よくモンテッソーリ教育!  詳細はこちら

1歳向けスプーンのあけ移しは100均材料で簡単手作り!モンテッソーリの移すお仕事

家庭でも取り組みやすい「あけ移し」は、モンテッソーリ教育の「日常生活の練習」分野の代表的なお仕事の一つです。

道具を使って行うあけ移しは、スプーンから始まり、トング、ピンセット、箸と進んでいきます。

子供があけ移しに楽しく取り組むには、道具とやり方にちょっとした工夫が必要です。

ここでは、スプーンのあけ移しについて、そろえる道具、やり方、そのねらいと効果など、体験談を交えてご紹介します。

あけ移し教具を100均材料で作ろう!

あけ移しの教具は家にあるものや100均ショップの商品で手作りできます。

そろえる材料

・スプーン  1つ
・カラーボール 10個程度
・容器    2つ

スプーンについて

すくう部分が深めの方がカラーボールが滑りにくいです。スープ用スプーンか、それに近い形ものがおすすめです。最初はまっすぐのスプーンよりも少し角度がついたほうがやりやすいです。

カラーボール

100均ショップで購入できます。初めてやる場合は、直径が20mm前後のものから始めるとやりやすいです。

容器について

お皿だと作業中にカラーボールがこぼれやすいので、少し深さがある容器がいいです。

写真のような形の容器だとスプーンでボールをすくいやすくなります。

モンテッソーリ教育では、子供に物を大切に扱ってもらうために、敢えてガラスや陶器の容器を使わせます。ガラスや陶器の方が重さがあるため、作業中も安定して動きにくくなります。

ただ、忙しい中でおうちモンテをされている方もいらっしゃるので、子供がガラスや陶器を落ち着いて扱えるか様子を見ながら使用してみてください。

注意!

カラーボールは誤飲の危険があるため、必ず側についていてください。

知っておきたい!あけ移しのねらい

スプーンでのあけ移しのねらいは主に二つあります。

①指先や手首を自分の意思どおりに動かす

スプーンをにぎったり、カラーボールをすくう事で指の筋力がつき、自分の意思通りにコントロールできるようになります。

次のステップであるトングに移行しやすくなります。

②集中する習慣を身につける。

カラーボールをスプーンですくって、決まった位置まで持っていく作業は指先に神経を集中させる必要があります。

何度もあけ移しをする事で、集中するという体験を積み重ねていきます。

あけ移しはいつから始めるの?

スプーンを使ったあけ移しは一般的に1歳3ヶ月頃から始めます。

2歳頃からは、単純にあけ移すだけでなく、カラーボールの色分けをしながらあけ移す事ができるようになってきます。

※年齢は目安ですので、子供の成長を見ながら取り組んでください。

もしスプーンでのあけ移しが難しいようであれば、手であけ移しを行い、スプーンに移行してもいいと思います。

ゆっくりとステップアップ!あけ移しのやり方

単純に見える動作でも、初めてやる子供にはまだまだ難しいものです。

ここでは、あけ移しの教え方とステップアップのやり方をご説明します。

初めての子供にはお手本を見せよう!

スプーンのあけ移しを初めてやる時は、親が以下手順でお手本を見せて上げてください。子供がやり方を理解した後はお手本は省略して構いません。

※やり方は右手が利き手の場合を想定して説明します。

①教具をトレイに乗せて持ってきます。子供が一人で持ってこられない場合は、親が一緒に持ってきます。

②親が子供の利き手側に座って、スプーンの正しい握り方を見せます。

正しい握り方

③右の容器からスプーンでカラーボールを1つすくって持ち上げ、一旦止めます。左の容器の上に持って行き、一旦止めます。それからカラーボールを入れます。

④全部移し終えたら、容器の左右を入れ替え、ボールが入った容器を右側に持ってきます。

⑤子供にやりたいか聞き、やりたい場合はやらせます。やりたくない場合はまた今度にします。

⑥教具をトレイに乗せて片付けます。

Point

カラーボールは多すぎると遊んでしまうため、最初は5個くらいから始めます。
慣れてきたら、数を増やしていくといいです。

慣れたらステップアップしていこう!

最初のあけ移しができるようになったら、ステップアップしていきましょう!

ステップアップの手順をご説明します。

ステップ1:右から左へ移す

最初はカラーボールを右の容器から左の容器へ移します。すくう動作を利き手側でやるので難易度が一番低いです。
 
ステップ2:左から右へ移す

右から左に移す事になれたら、次は左から右へ移してみましょう。

左から右へ手を動かす動作は、文字を書く手の動きと同じなので、後の運筆に繋がります。

ステップ3:色分けをする

2歳近くになると、カラーボールの色分けができるようになります。容器を複数用意して、「赤はこっち」、「青はこっち」というようにすくったボールを色分けして入れましょう。

写真はボールと容器の色を合わせるようにしていますが、白い容器に目印として青や赤のシールを貼ってもいいと思います。

1歳児がスプーンであけ移しをやってみた様子

わが家ではスプーンに興味を持ち始めた1歳4ヶ月頃から取り組み始めました。

スプーンの握り方を見せましたが、なかなかうまくできません。

カラーボールを多めに出すと、手に持ったり投げたりして遊んでしまいました。

ボールで遊んでしまう

カラーボールを移す時に落ちてしまったり、容器に入れる時に転がってしまったりしながら、2個ほど入れる事ができました。

ボールがこぼれてしまう
スプーンを握る手がぎこちない

スープ用スプーンがなかったので、大人用の大きめのスプーンを使いましたが、少し重たかったかもしれません。

飽きるとカラーボールをつかんで遊び始めるので、さっと切り上げます。

1歳5ヶ月になると、食事でスプーンを使うようになったので、食事用をスプーンであけ移しに取り組むようになりました。

少しスムーズに移せるようになってきました

連続で5個以上移せるようになってきました。

あけ移しの教具が出てくると、お仕事をするというのがわかってきて、カラーボールで遊ぼうとする事はなくなりました。

1歳6ヵ月になると、机に座って右から左へとスプーンで移していきます。

スムーズに移していく

だいぶスムーズにできるようになりました。

保育園の給食の時間にグーにぎりをさせているせいか、家で正しい握り方を見せてもなかなかやってくれないのが大変でした。

実感!あけ移しにはこんな効果があった!

効果

✓スプーンでの食事が上手になってきた
✓手先をコントロールする力がついてきた

スプーンであけ移しをする事で、スプーンを使って食事をする事が、上手になってきました。

カラーボールがスプーンに乗っている時は手を揺らさないように注意する事で、少しずつ手をコントロールする事ができるようになってきました。

また、意識を集中させる経験を繰り返す事で、集中力も身についてきたように思います。

簡単可愛い!1歳向け手作り教具のおすすめ本

あけ移し以外にも手作りできる教具はあります。わが家で参考にしている手作り本を2冊ご紹介します。

①子どもの才能を伸ばすモンテッソーリ教具100

100均材料を中心に手作りできる教具が100例載っている手作り本。
0歳から6歳を対象に動作別で教具がまとめられており、推奨年齢も書いてあるので、わかりやすいです。

↓くわしいレビューはこちらでご紹介しています。

②ひとりで、できた!

0歳~3歳児が大好きなかわいい手作りおもちゃがたくさん載っています。少し手の込んだものが多いので、しっかりとしたおもちゃを作ってあげたい方向けです。動作別、年齢別におもちゃが分けられています。

↓くわしいレビューはこちらでご紹介しています。

手作りできない教具はレンタルしよう!

わが家では手作りすると費用がかかったり、手作りが難しいものはおもちゃの定額制レンタルサービスを利用しています。

良質なおもちゃは、モンテッソーリ教具と同じように子供の発達をサポートする効果があります。

でも、購入するとなると、3,000円前後するため、お金がかかってしまうのが悩みです。

そのため、わが家では年単位で長く使えるものは購入しますが、他はレンタルしています。

わが家で利用しているレンタルサービスの「トイサブ」では、2か月単位で6個の良質なおもちゃをレンタルできます。

1個当たり、月額600円程度で利用できる計算なので、とてもおトクです。

レンタルするおもちゃはプランナーさんが利用者に合わせて最適なおもちゃを選んでくれるので、時間も節約できるというメリットがあります。

手作りできない教具をおトクに利用したい方はぜひご検討ください。

↓トイサブのサービスや特徴についてはこちらでくわしくご紹介しています。

↓トイサブでレンタルできるおもちゃ例や遊び方についてはこちらでくわしくご紹介しています。

まとめ

スプーンのあけ移しは道具を簡単にそろえる事ができ、知育効果も大きく、おすすめのお仕事です。

あけ移しに慣れてきたら、お仕事の内容をステップアップしながら、楽しく練習しましょう。

スプーンのあけ移しがスムーズにできるようになってきら、次はトングを使ったあけ移しに取り組みます。

↓トングを使ったあけ移しはこちらをご参照ください。

参考書籍

この記事は以下書籍を参考にしています。

モンテッソーリ メソッドシリーズ(0-3才までの育ちと手助け)

タイトルとURLをコピーしました